風俗バイトの現状について情報を提供している、インフォメーションサイトです。

今を楽しむために風俗バイトが選ばれる理由とは?

>

風俗需要と風俗に対するイメージの変化

増加を続ける風俗需要と風俗業の現状

日本における風俗産業は、既に大規模な市場規模を持ちながら、今なお拡大傾向にある継続して成長を続けている産業の一つです。

そのため、業界規模の拡大に伴い、働き手の需要も増加してはいますが、いわゆる「夜の仕事」であることから人を選ぶ職種であることも手伝って、常に人材が不足しています。

ただ、この「夜の仕事」に性的なイメージを感じ取り嫌悪する女性が多い一因は、フィクションによる誇張によって誤ったイメージが拡散していることも否めません。

なぜなら、現代における風俗業においては、非合法な組織の資金源を断つために、そもそも禁止されていた直接的な性交は取締りの厳格化が進み、一般企業におけるブラック企業同様に外れこそあるものの、比較的健全化が進んでいるためです。

風俗嬢の需要を賄う大学生とシングルマザー

現在、日本の風俗産業に従事する主要な人材は、女子大学生と若いシングルマザーが中心です。

主な理由としては、日本人男性が若い女性を好む傾向が強い点や、女子大生は学費や旅行・遊行費用の捻出に加えて成人式の費用、シングルマザーは生活費用やこどものための貯金など、主だった理由の違いこそあれ女子大生・シングルマザー共に経済的に困窮しやすく、多額の金銭を必要とする傾向にある点などが挙げられます。

需要と供給のマッチングによって、風俗経営を営む側もそれ相応の賃金を支払うことが、一般的に珍しくない状況にあることも要因なのでしょうが、高収入に惹かれてか、女子大生やシングルマザーを中心に風俗業に携わる女性は、年々増加しているようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る