風俗バイトの現状について情報を提供している、インフォメーションサイトです。

風俗需要と風俗に対するイメージの変化

このページでは、増加傾向にある風俗の需要の要因についてまとめることで、風俗の現状に関する見識を深めつつ、風俗バイトの主要な担い手として女子大学生やシングルマザーが風俗バイト携わる傾向にある理由についても、大まかにではありますが触れています。

学歴や職歴を必要としない風俗はシングルマザーに好条件?

アルバイトを含む就労に際して、学歴や職歴を必要としない職種としての風俗の希少性や有益性をまとめることで、女子大生と同様に、風俗業で中心的な役割を果たしているシングルマザーが、風俗バイトを選ぶ基本的なメリットについて考察することを試みました。

女子大生は学費や遊行費の捻出のために風俗バイト

警察の取り締まり強化によって、違法な経営が困難となり、違法性が大幅に低下するに至った風俗バイトに対しての社会的な認識の変化に伴った、風俗業への就労に対するイメージの変化をまとめることで、風俗でのバイトに就労する女子大生が増加した一因について追究しました。

風俗需要の傾向と風俗業の担い手

風俗業といえば「夜の仕事」の代名詞のように考える人が、決して少なくはないことは想像に難くありませんが、フィクションの世界で展開されるような、女性の人権を無視したサービスを提供する店は、現在の日本においては非合法であり、厳しい取り締まりの対象となります。

端的に言えば、女性に性的サービスの一環で性交を強要するような店は、通報され経営者や関係者が逮捕されるというのが、日本における風俗の現状です。

警察が監視強化を行えば、非合法組織が資金源として風俗店を経営することは当然、困難を極めます。

そのため、警察による監視の強化によって風俗業の健全化が進み、違法な就労はもちろんのこと広告に至るまで厳格に規制が進みました。

この警察の監視の強化に伴い、健全化が進行した風俗業界のイメージアップの追い風となったのが、インターネットをはじめとした各情報伝達技術の発展に伴う、情報伝達の多様化で、以前と比べると雲泥の差と言っても過言ではないほどに、風俗業界が提供するサービスの実態の伝播したことでした。

フィクションの世界において展開されるような風俗業は違法であることが明確化すると共に、風俗業に携わる女性が発信する情報が流布したことによって、風俗業界が全般的に健全化傾向にあることが理解されはじめ、風俗業全体が一定のイメージアップに成功したのです。

現在では、キャバクラやクラブ位であれば、以前よりも許容されやすくなりましたし、風俗業ひいては風俗業に携わる女性へのイメージもある程度ではありますが改善傾向にあります。

TOPへ戻る